負け組ゆとりの語り場

社会に取り残された男が日々を語る

ハロプロのももちこと嗣永桃子さん引退、お疲れ様

ネットニュースを見ていたら「ももち」こと嗣永桃子が引退するという事を知った。ファンからの愛を受信する小指を隠して、もう一般人に戻るというパフォーマンスをしてこれからは幼児教育の道に進むようだ。

 

正直なところ自分はモー娘。やハロプロ系列についてはよく知らない一方で、ももちはネットを見ているとよく話題になっていて目にする機会が多かった。

そして地上波番組でもちょくちょく出演していたのでなんとなく知っているレベルには知識があったため今回のニュースは衝撃だった。

AKB48と違って卒業した後休業したり一般人に戻るというのは凄く潔い事のようにも思える。

「普通の女の子に戻ります」ということを体現しているように見えるし、それが本来の王道アイドルなのかもしれない。

逆にAKB48系列はあくまでステップアップの過程というコンセプトであり、そこから羽ばたいて新しい道に進むことが多い。

ハロプロとAKBではその違いがあるのだろう。

 

たとえばももちだけでなく、道重さゆみが卒業して最近一時的にライブで復帰したというような話題を見かけたり、過去のモーニング娘。メンバーもテレビ以外の場所で活躍している人が多い。

 

ももちは特別ファンであるというわけではないけどもアイドルやキャラをしっかり貫いているという意味では見ていて好感は持てた。ハロプロファン以外の人でも面白いと思えたり、知っていたりするという意味では近年道重さゆみと双璧だったように思う。

比べるのは失礼ないのかもしれないけど前田敦子や大島優子的な存在なのだろうか。

 

今思えばAKBよりハロプロのほうがちゃんとアイドルしてるなとも感じるし、嗣永桃子はその象徴だったように思う。

自分はAKBの方が好きだったけど、今冷静になってみるとAKBってアイドルというよりも良くも悪くも「AKB」という存在だったのかもしれない。

AKBシステムが面白かったからはまっていただけで、本当にアイドルをやっていたのはハロプロ系列のように思える。

 

そういったAKBとハロプロの比較論はさておき、少し寂しいという思いはある。

道重も特別ファンではなかったけど、休業すると言われると「有名芸能人がいなくなるんだな」という空虚な感じはしたし今回もももちがいなくなるというのは少し寂寥感に駆られる。

自分の場合ハロプロの部外者でしかないため、例えるならば隣のクラスのちょっと知ってる人が転校するぐらいの感覚なのかもしれない。「もうちょっといてもいいのに」と思うような思わないような、そんな不思議な感覚である。

 

こればかりは本人やハロプロサイドの決めたことで、詳しく事情が分からない以上とやかく語ることはできないけども、「知ってた芸能人が見れなくなるのはちょっと寂しいな」という感情に駆られる。

ただ本人が決めたことならばお疲れ様だと言いたいし、引退後幼児教育の方面で頑張ってほしいなとも思う。

アイドルを辞めて一般人になった人がその分野で結構頑張ってるのを知ると結構嬉しかったりする。

 

AKBにも焼肉屋の店長になったメンバーがいたけど、今も続けて順調らしくこういうセカンドキャリアがアイドルにあるというのは大事だとも思う

嗣永桃子の場合は人気メンバーでタレントとしてこれからやっていける能力はあるはずだけど、競争が厳しい世界ではいつまでもアイドルを続けることができないケースもある。

 

一瞬Jリーガーだった人が一生分稼いで将来安泰とはいかないように、一瞬アイドルだった人も現実的には引退後どこかに就職しないといけない。

なれる人が多いゆえに、誰もが安定した活躍ができるわけではないという意味ではJリーガーやサッカー選手とアイドルは似ているのかもしれない。

そう考えるとももちは日本代表に選ばれるレベルだったのに25歳で引退するという珍しいケースだと言える。

 

これからキャリアを続けていくこともできるのに、普通に保育士の道に進むというのは凄く大人びいた決断のようにも思える。

とにかく、お疲れ様だなと思うし爽やかな引退だと感じた。

自分が言えたことではないけど次のキャリアでも頑張ってほしいなと思う。