負け組ゆとりの語り場

社会に取り残された男が日々を語る

ワイ将、今季限りでストロングゼロ選手との契約を打ち切る

ここ最近焼酎オンリーの晩酌習慣にしてから、その効能の違いにマジで驚いている。

分解のプロセスがシンプルで、不純物が少ないと言うだけでここまで大きな違いが出るとは思ってもいなかったというかもっと早く気づいておくべきだった。

 

そもそも自分はふりかえってみれば焼酎漬けの生活をしていた時期があり、その頃が今思えば一番お酒を楽しんでいた時期だったと記憶を取り戻しつつある。

ここ最近例のストロングゼロのような9%系の缶チューハイが主力選手だったため、どうしても悪酔いや二日酔いがきつくなり精神的にかなり荒んでいた。ただでさえ飲み始めてから楽しめる時間が少ないことに加えて、悪質な頭痛になり朝目覚めたときは本当に憂鬱で気分も悪かった。

 

自分自身強がって「ストロングゼロで悪酔いするとか言ってる奴は酒の弱いだけ」と粋がっていた時期もある。しかしここ最近悪酔いが多発するようになっただけでなく、思い返してみれば普通に昔も悪酔いしてたなということに気付いた。

「くぅ~意識低く生きる底辺最高ゥうぃ~!」なんていうテンションでストゼロを飲んでいたから自覚しにくかっただけで、良く考えればがっつり悪酔いしていたのだ!笑

 

そこから本当にどんどん泥沼にはまりついには人生の希望どころか、自分の好きな趣味の楽しみまで失い朝起きては嘔吐し虚ろな目で匿名掲示板を見るだけの日々が続いていた。

あの頃はまさにどん底だったというかお酒の楽しみまで失っていて、本当に何のためにお酒を飲んでいるかもわからない時期だったように思う。

 

elkind.hatenablog.com

そこから二日酔いや悪酔いのメカニズムをもう一度勉強し直して、習慣を見直すことを始めたというのが前回に書いたことだ。

よくアメリカ人が「ケチャップとポテトは野菜だからヘルシー」みたいなことを言うというジョークがあるが、そのギャグに乗るならば「芋焼酎と麦焼酎は実質野菜ジュース」というネタも成立する。

 

ただこれは確かにアル中が頭がおかしくなっているような冗談ではあるが一理ある事で、昨今流行りの度数の高い缶酎ハイと比べればはるかに自然体で体への負担が少ない。

 

最近の自分は9%系の350ml缶を3缶飲んだら本当に翌日酷くなり、もうどんなに多くても2缶までにしようとさえ思っていた。以前はロング缶を2つ飲んで、発泡酒や焼酎でもう少し補うという生活をしていたのにここ最近明らかに弱くなっていた。

朝起きて飲めるコンディションならばだらだら飲み続けるという習慣が続き、夜は頭痛に耐えながら横になりそれでも回復せず翌日まで持ち越してしまうなんてことも日常だった。

 

そもそもなぜ以前は焼酎だったのに、酎ハイにしたかといえば、それは焼酎に飽きて甘味のある物が欲しくなったり季節が夏で爽快感がある冷たい炭酸系を欲したからだ。

しかしもう夏も終わり涼しくもなってきたので、爽快感にこだわる必要もなくまったりと芋焼酎でも飲むことがちょうどいい季節になってきた。

それでもう一度戻してみたら、飲める量と酔い醒めにも歴然とした違いがあることを実感することになった。実感というよりも再確認と言ったほうが良いかもしれない。

 

自分の場合焼酎を飲む場合、200ml25度のワンカップ焼酎を愛用している。

コップに注がなくていい事と常温で保存しておいてもある程度飲めるので、これを生(き)で飲むのがマイスタイルだ。コンビニなどでも手に入りやすく置き場所もかさばらない上に、様々な種類を選べる。もちろんグラスに注ぐこともできるし、飲み方は自由だ。また缶酎ハイの空き缶と比べて飲んだ後物理的に溜まる物が少ないのもメリットだろう。

数本あれば余計な作業も必要なくじっくり長く楽しめるので、一人まったり過ごすにはちょうどいい。

 

本当は水割りやお湯割りをしたり、ロックにしたりしたほうが香りも良く味も良いのだが、何かしながら飲む場合にはそういったことが面倒になって来るので自分はもうそのまま飲んでいる。正統派の楽しみ方ではないが25度という事もありちびちび飲みながらだと酔うにはちょうどいい。

乙類焼酎ならば250円ちょっとで、甲類や混和ならばもっと安い物もあるが流石に味が落ちるので滅多に選ぶことは無い。度数のことを考えれば実はそれほど缶酎ハイと大差がなくこのスタイルはもっと知られていいかもしれないと勝手に思っている。

ストゼロや氷結で乾杯し合うよりワンカップ焼酎で乾杯し合う方が楽しい時間は長く続き、終わり方も綺麗だ。

 

それを昨晩は久しぶりに3杯綺麗に飲みきることができて、「久しぶりにここまで行けた、前はこれくらいで来ていた」と感動を覚えている。

ストゼロだともう350ml缶を二つですら酷い二日酔いになっていた人間が、焼酎だとまたここまでできた上に、眠りも良く、多少酔いは翌日に持ち越されたものの自然な感覚で今はもうその感覚は霧が晴れるように消え去っている。

【赤字覚悟の大放出!】30本まで送料1本分!(北海道、沖縄と周辺離島は除く。佐川急便指定)25度黒霧島ペット200ml芋焼酎クロキリメーカー:霧島酒造(株)

価格:250円
(2018/9/18 15:59時点)
感想(1件)

よく悪酔いするのでちゃんぽん酒をしない方がいいといわれ諸説あるが、やはりシンプルなものが一つの種類だけ単純にある方が分解しやすいのは至極当然の原理だ。

やはりいろいろ混ぜたくってそれを長期間保存できるようにした類の酒類は分解に手間がかかる上に、悪酔いの原因になる成分が多い。

同じ酎ハイでも甲類焼酎などにソフトドリンクやソーダ、酎ハイの原料をその場でアレンジして作るようなものはそれほど悪い物にはならない。よく居酒屋などで出される酎ハイやサワー系はそうして作っているので、缶酎ハイほど悪酔いはしにくい。

また缶酎ハイもピンキリでいろいろ種類はあるので悪酔いしにくい物は当然あるので、単純に一括りにはできない。

 

ただ「お芋のジュース」というわけではないが、自然原料のものをそのまま蒸留したようなものはやはり抽象的な表現かもしれないが自然は自然だ。

実際にその生活に戻してみて、散々苦しめられていた悪酔いと二日酔いから解放され、お酒を飲む楽しみを取り戻した自分が言うのだから間違いない。またお酒好きで知られる嵐の櫻井翔も芋焼酎という境地に行き着いているという話もある。またつるの剛士も芋焼酎を好んでいて、大学生が黒霧ロックでなんていう時代だ。

落ち着いてくると焼酎に行き着く、サクラップとつるのもお墨付きを与える真の魔法の水はストゼロではなく焼酎だったのだ。

これから肌寒くなる季節、芋焼酎や麦焼酎のお湯割りもまた美味しくなるだろうし気分の悪い酔い方に苦しんでいる人は焼酎選手を採用してみると成績が向上するかもしれない。

焼酎のような蒸留酒が悪酔いしにくいのは本当

久しぶりにお酒を飲んで判明したことがある、蒸留酒が悪酔いしにくいという説は間違っていないという事だ。

しばらくの間お酒を飲まない生活を続けた後、再び解禁したのだが、飲んだ酒種の違いに拠ってこうも違いが出るかということを身をもって体験した。

まず前提として自分は以前に比べてややお酒に弱くなっているような気がするというか、ダウンするまでの時間が早くなったように思う。

またお酒の疲れが抜けにくくなって来ていて、悪酔い二日酔いが頻発するようになった。

ただこの話には裏があって、自分が長時間お酒を飲めて夜遅くまで楽しめていた時に飲んでいたお酒と、ここ最近悪酔いが続いていた時のお酒では大きな違いがある事に気付く。

 

禁酒期間が明けてからこの三日間、初日と二日目は悪名高い缶酎ハイを飲み、三日目の今日は芋焼酎を飲んだ。芋焼酎を飲んだ今日は少し休めば、多少気分は悪い物の何らかの作業が出来る状態に回復したことに対して、9%系の缶チューハイを飲んだ日はとにかく頭痛がひどく、悪酔いの後二日酔いにもなった。

 

それで調べてみたところ悪酔いしにくいお酒としやすいお酒があることを知り、悪酔いの原因は不純物の有無にあることを学んだ。実はこの知識自体は以前からなんとなく知ってはいたものの、勢いに任せて飲みたいお酒を飲んでいればなんとなかったので特にこれまで意識することはなかった。

しかしいつまでも勢いに任せているのは続かないという事と、流石に悪酔いや二日酔いがきつくなり耐えられなくなってきたことで、なるべく良いお酒を飲む方向にシフトしていくという決断に辿り着いた。

 

お酒というのは酔っている最中にどう楽しめるかということよりも、酔い終わった後にどれだけ心身ともに負担が少なく終えられるかという後処理のほうが大事だという事に気付く。

子供の頃におもちゃで遊んだたら後片付けが大事だと言われたり、スポーツをすれば用具の片付けを厳しく教え込まれたりするし、お祭りや何かのイベントの後では持ってきたものを持ち帰るという基本的な常識があったりする。

それらの事と同じように、お酒も楽しんだ後どう終えるかのほうが大事だなという境地に達しつつあるというか、とにかく飲んだ後後悔することが本当につらくなってきている。

 

そのため酔い醒めの良いお酒をなるべく選ぶように心がけようという考えになったのだが、まず本日の実験結果として焼酎と缶酎ハイでは雲泥の差がある事を身を持って体験している。

 

確かに焼酎も飲み過ぎれば多少頭痛や気分の悪さはあるのだが、少し横になって休めば回復する上に単なる飲み過ぎによる疲れでしかない。自然な疲れという表現は的確ではないかもしれないが、不自然な違和感がない。

逆に添加物の多い缶酎ハイだと頭痛の質が非常に悪い上に翌日まで残っててしまう。何か悪い物質でも脳に届いてしまったかのような感覚が続き、そのような状態だと当然精神状態も悪くなり後ろ向きな考え方ばかりするようになる。

 

これはなぜかというと蒸留酒は何度も蒸留を繰り返すため、不純物が少なく分解の負担が体にかからないという理由によるようだ。

昨今手頃に飲みやすい缶酎ハイや第三のビール、発泡酒が普及しアルコール度数もあがっているがやはり安酒であり悪酒だ。戦後混乱期に粗悪なカストリ酒が出回ったのと同じで、今の社会情勢から逃れるためにこのような酒類の消費が増えている。

 

ただ同じ安酒であっても甲類焼酎は味はともかく蒸留を繰り返しているため、クリアな成分になっていて同じく悪酔いしにくい。しかし甲類の難点は価格が下がるほど直接飲めるような代物ではない程に味が落ちていく。

酔う事が目的で経済性を追求するならば、高類焼酎や混和焼酎を味は我慢して飲んで、そのあと即座にチェイサー類で流し込むという手法が良いのではないかと思うので今後試してみたい。味の良くない酒はどれだけ混ぜたところでまずいものはまずい、それならば最初に飲み干してその後味の良い飲み物で口直ししたほうが後味が良いのだ。

 

結局のところ人間というのは科学や文明の発展によって進歩したが、人体自体は自然からの贈り物でありナチュラルなものだ。

自然の物には自然の物があうし、西洋医学による化学的な薬品よりも、漢方や民間療法のほうが効くということは現代でも多い。それと一緒で様々な添加物を含み無理やり合成したようなお酒は、分解しにくいような成分が入っていてどうしても負担がかかりやすい。

特にメタノールは大敵で、この成分が含まれているとエタノールに優先して分解しようとするためアルコールが体内に留まりやすい。また除光液に含まれるようなアセトンも、微量ではあるが含まれている酒類がありこういった不純物が悪酔いの原因とされているようだ。

そのためエタノールの純度が高い蒸留酒は比較的に分解の過程がシンプルで二日酔いにもなりにくい。

 

不純物が多いという意味では日本酒やワインのような醸造酒も悪酔いしやすい。

自然な味わいや甘味がある一方で蒸留酒に比べるとやはり純度は下がる。これは自分自身何度も経験があり、日本酒やワインを飲み過ぎた後の頭痛の質は頭にズキズキと響くようなものがある。

もちろんこれはお酒のせいだけでなく、自分の飲み方にも責任があり正しく飲めばこういった悪酔いは軽減できる。日本酒も純米酒のように余計なものが含まれていない物は特に悪い酔い方はしにくいようだ。

更に言えば全てのお酒に共通することとして、値段に比例して質も高くなり手間がかかっている分だけ純粋な成分になる。

 

ただそれは経済性との両立を考えると簡単に実現できるものではない。

だからこそ手頃な価格帯で入手しやすい焼酎類は、定期的に常飲するような場合に有力な選択肢になり得る。

自分のライフスタイルを振り返ってみて悪酔いや二日酔いに苦しむことが多かったのは、ここ最近だけでなく更に前でもやはり缶酎ハイに頼っている時期が多かった。ビール感覚でテキーラショット数杯分に匹敵するような量を飲めてしまうのはやはりよくないだけでなく、何より成分の純度が低いのが余計な負担を強いる。

その一方で冒頭で少し触れたように、遅くまで酒を長く飲めていたのは甲類、乙類問わず焼酎類を常飲していた時期だった。

 

後悔なんて後からすればいい、今日はひたすら浴びるように酒を飲んで楽しむ、そう勢いに任せていられるのはほんの一時だ。ここ最近の自分はそういった悪酔いや二日酔いによって、特に精神的に疲弊していた。

だからこそ「酔い醒めの良さ」というのは今後自分の中でお酒を選ぶ基準になっていくだろうと思う。

蒸留酒という意味ではウイスキーやウォッカ、ラム酒、泡盛も良いらしく、特にメタノールが含まれていないという意味ではウォッカにも興味が湧いてきている。

蒸留酒は一つの素材を原料に蒸留しているため、余計な物が入りにくく自然な状態に近い。だからこそ体内での分解の手間も複雑ではなく、二日酔いしにくい。アルコール度数を下げてより体への負担を軽減するという意味では、お湯割りやお茶割りもよい飲み方だ。

 

またアルコールの分解を助けるという意味ではタンパク質が重要な役割を果たしており、おつまみ類もそれに合わせて最近は変更しつつある。これまではスナック菓子類が手頃だったのでそれらを食べていたのだが、これからは干物や魚肉ソーセージに切り替えていく予定だ。なるべく原型に近いたんぱく質が良いという意味では干物がよく、なおかつ場所もかさばらない、そして焼酎類とも相性がいい。

缶詰は確かにお酒との相性は良いのだがいかんせん箸が必要であったり、空き缶の処理が手間になったりと、日ごろ常食するには面倒がある。その点、魚肉ソーセージは安売りしていることも多く手軽さという意味ではスナック菓子の代用として使えそうだと思い既に導入し始めている。

 

良いお酒の飲み方を追求すればきりがない上に、そもそも飲まないというのが一番なのだが、できる範囲内で少しだけでも改善しようというのが今の自分が取り組んでいることだ。

お酒を飲まない日の過ごし方なども工夫し始めていて、昔のようにやみくもに酔うというスタイルからなるべく脱しようと試みている。

というよりも悪酔いが心身ともに本当につらくなってきたことがそもそもの発端で、そうせざるをえなくなったとも言えるかもしれない。後悔するような呑み方をすると飲んでいる時も心の底から楽しめないようになるし、何のために飲んでいるかもわからなくなる。

そもそも体内に取り入れるものなので体質に合うものを選ぶというのは基本中の基本だ。お酒に限らずどんなものも取り入れ過ぎれば負担になるし、体質に合わない物も当然ながら良くない。

自分に合う物を見つけ、自分に合ったやり方で付き合っていくのがお酒に限らずあらゆるものに言えるだろう。

北海道民の今の精神状態ヤバそうだな・・・・

しばらくネット断ちしていてテレビも見ておらず、新聞も取っていないので北海道が大震災に陥っていることを数日遅れで知った。

サッカー日本代表のチリ戦が中止になったという話を通じてようやく自分にも情報が伝わってきた。そういえば2011年の3.11の時もワールドカップ後で、ザッケローニ体制が始まっていく頃だった。

そのザックジャパンはブラジルで惨敗するのだから、震災と共に始まった森保ジャパンは早々に不吉なスタートダッシュだ。

 

それにしてもテレビとネットを断てばまるで実感が無いことを考えると、同じ日本でも情報が隔絶されていれば何も知らないのが現実なのだろうと思う。

実際、同じ地域でも県が違えば災害と言われても他人事のように思えるし、そもそもこれだけの災害大国でいちいち気にしてたらやってられない。

 

正直、今年は自然災害があまりにも連発しすぎていてもう自分自身疲れている。

連日暗いニュースばかりでさすがに嫌気がさしてくるし、最近は雨が降っているだけで気分がどんよりして嫌になる。自分も今この時間雨と曇りが交互に訪れている状態で、陰鬱な精神状態だ。

 

こんな時お酒でも飲めればよいのだが、禁酒期間に入っているのであまりテンションを上げて盛り上げるようなことも書けない。

これを異常気象だという人もいるかもしれないけれど、元々日本という国は災害大国なので昔からこういうことを繰り返してきた歴史がある。

農耕民族として天災の影響を常に不安視して生きてきた日本人は、どうしても何かを不安に感じやすい遺伝子を持っている人が多い。農耕民族と災害大国という組み合わせが日本人の性質を作り上げてきたのだろうし、特に3.11の東日本大震災で戦後日本の裕福な時代が終わりを告げた。

 

あきらかに東日本大震災以降、この国の雰囲気は陰鬱な方向に変わってしまったし日本人は現実を悟ってしまった。盛り上がるとすれば何かをバッシングしている時だけで、ポジティブな話題が無い。テレビをつければ連日ネガティブな報道ばかり、ネットも何かを叩くツールとしてばかり使われている。

何かに反対して叩いている時の一体感が日本人の言う「絆」なのだろうし、集団で何かを叩いている時の昂揚感以外に楽しみも無いのが現実だ。

 

自分は最近、北海道についてのエッセイ集を読んだことがあり北海道への関心が高まっていた。

そこに書かれていたのは、北海道の夏は本当に短く、冬は陰鬱で長く嫌な物でしかないというそこで生まれ育った人にしかわからない感覚だった。

だから北海道の人に「北海道の夏は涼しいですね」というと嫌味に聞こえるらしく、短い夏が終わればすぐに迫りくる冬が不安になるようだ。

 

そのエッセイ集は30年ほど前の物なので、今とは当然気候も違うかもしれないが、それでも北海道の冬が厳しいことに変わりはない。

自分のように比較的温暖な地域で育っている人間には憧れに見える北国も、実際に住む人にすれば雪は忌まわしい物だ。

実際、田中角栄が新潟で選挙運動をしていた頃に「雪ばかり振らせるあの山をダイナマイトで破壊する」と公言したほど北国の人にとって雪との戦いは厳しい。

その新潟県民は自分の県の自虐ばかり言うらしく、更に鬱の発生率も北へ向かう程高くなるというデータがある。

 

秋になったとはいえまだ日中は夏模様の地域に住んでいる自分ですら、夏の終わりが寂しく感じるし夕方以降徐々に吹く風が秋色に変わり始めていることに気付く。

そう考えると北海道は自分が想像している以上に、夏の終わりは早いだろうし既に秋が本格的に始まっているだろう。

 

そんな時にこの度の震災だ。

ただでさえとうとう夏が終わってしまったかと感じているときに、この震災なわけで、その精神状態を察するに余りある。

実際、災害にあわれた人は過度に不謹慎ムードを作らないでほしいと聞くし、日常が暗いのでせめて明るい話題でも見たいだろう。

ただそもそも今の日本で本当に心の底から明るくなれて楽しんでいる人がどれだけいるのだろうか。災害など無くても日常は陰鬱なのだから、人の不安まで気にしている余裕などないのが現実だ。

 

こういう時はお酒でも飲めばいいのではないかと自分のような人間は考えてしまう。

酒は現実逃避の友だ。

北海道の震災の規模が分からないし、インフラがどうなっているかもわからない。同じ北海道内でも被害の度合いには差があるだろう。

道内のコンビニやスーパーからストロングゼロや氷結が一気に消えるという現象が起きているという話は伝わって来ていないけども、自分ならそういう時酒に頼ってしまうのではないかと思う。

 

ただヤケ酒に走ってしまい、次の日起きたら現実は変わっていないどころかより強く押し寄せてくる。結局お酒など脳内にある幸福物質であるセロトニンの前借りに過ぎないし、アルコールで無理やり使い切った分だけあとでツケが来る。

北国通信 集英社文庫/渡辺淳一(著者)

価格:108円
(2018/9/7 18:57時点)

北海道の人は北国には珍しく、開放的で明るいという話も前述のエッセイ集で読んだ話として覚えている。

東北に比べると北海道は様々な出自の人が集まって開拓してきた歴史があるので、ある種大陸的というかアメリカ的のような多民族的なところがあって、同じ北国でも事情が違うようだ。

偏見と言われることを承知で、同じ北国でも北海道は陽東北は陰のイメージがある。

そう考えると北海道の人はこの震災もわりと上手く乗り越えて引きずらなそうな気はするし、原発のような二次災害が起きていないことは幸いだ。

東北が今もあの震災を引きずってるのは放射能という消えない負の遺産のせいだろう。

自分はそういった震災番組に関心を持ち、原発関連のドキュメント番組などをこれまで何度も見てきただけに、その過酷な実態は多少知っているつもりではいる。

 

肉親を失っている人もいるだけに、「日本人のテンションが低くなって陰鬱な国になったのは3.11のせい」なんて不謹慎なことは言いたくないのだが、もうこれ以上災害でどんよりするムードになってほしくはないというのが本音だ。

さすがにうんざりするしこの夏だって振り返ってみれば災害の話ばかりだった気がする。

 

物は考えようで日本列島は災害大国だからこの島国は呪われているというのはネガティブな発想だ。

確かに資源も少ない上に災害大国ではあるし、それほど国土も広くは無い。

その一方で国防の面ではかなり有能で、日本海の荒波があるおかげであまり他国から攻め込まれたことが無い。じゃあ地震が無い代わりに、列強に囲まれ定期的に戦争の通り道にされてきたポーランドやベルギーのような国が羨ましいかと言われれば悩むだろう。

イギリスとフランスの間にあるドーバー海峡よりはるかに日本海というのは防波堤として優秀だ。

陸は狭くても領海は広く海洋国家を目指すこともできるし、実際そうした時期もあった。太平洋へは常に開かれているしこれから海底資源が見つかればバブルだって始まるかもしれない。

 

これまで日本は攻めにくい上に、占領してもあまりメリットがないというのはある意味で平和の要因でもあったし、大陸からある程度距離を置いていられることで長らく独立を保ってきた。太平洋戦争だって本土決戦を避けられたわけで国土が本当に外敵に蹂躙されるような経験はほとんどない。

それこそ古代史にまでさかのぼれば何かまだ発見されていないこともあるかもしれないが、ほとんど他国に占領される時期というのを経験していない。

もちろん世界情勢がこれから大きく変わっていく可能性はあるが、他国の兵隊が乗り込んでくるのはそれこそ敗戦直後に進駐軍がやって来たことぐらいだ。

この度の北海道だってソ連に狙われたが終戦を早く済ませたことで無事だったし、冷戦でも自衛隊の戦車を集中的に配備して厳重に警戒していたのに結局ソ連は乗り込んでこなかった。幕末に当時の帝政ロシアから異国船がやってくることもあったが、その後明治時代に日本の一部になっていく。

 

人生の何事にも悪いところもあればいいところもあるわけで、あまり思いつめない方がよいのではないかと最近自分は開き直っている。

日本人は遺伝子の問題として過剰に不安を感じやすいし、自然災害に怯えてきた農耕民族としての生い立ちも関係している。

ただその分、国防には向いている場所にあるわけで災害は多いけど戦争は少ないと考えればプラスマイナスゼロどころかプラスの方が大きい。

また中国大陸から離れていることで微細粉塵はかなり軽減されている。韓国など連日、微細粉塵の話ばかりで綺麗な青空も中々見れないようだ。

もう自然災害に関してはどうせ定期的にやって来るのだから、あまりそのたびにネガティブになり過ぎず、時々やって来るものとしていなすように付き合う以外にないだろう。

人生の目的は極上の美味い酒に出会う事である

ここ最近人生の虚無感と向き合う時間が多くなり、俺の人生って今後楽しいことあるのかなぁなんて思うことが増えている。

端的に言ってこれのために生きたいと思える希望が無い。

 

そもそも無欲で無気力で無趣味な人が現代は増えているわけで、楽しみが無く惰性で生きている人々に溢れている。

自分個人の趣味や欲望としても、欲しい物がなくなったとかやりたいことがなくなったとかそういうことが日常になってきた。

 

そこでいろいろ自分の心の支えとなる物を探していくと、やっぱり自分にはお酒だと気付く。

基本的に自分は飲めるときは安酒をごくごく飲むことが大半で、あまり美味しい飲み方や綺麗な飲み方を出来ていない。

そろそろ嗜むような上品な飲み方をする段階に来たのだろう。

 

ここで美味しいお酒の条件を考えてみたい。

1:良い空間、雰囲気、仲間と飲むこと

2:お酒自体の質や、何を食べるか

3:調整しながら飲む技術

 

「良いお酒」というのはある種の複合的な物であって、一つだけ良ければいいという物ではない。

一つ目の条件はまとめると「シチュエーション」という表現が適切かもしれない。

気に入っている居酒屋やバーで飲むと、家で独り酒をするよりは思い出に残る。

振り返った時いい酒だったなと思えるのは、そのお酒自体よりもどういう状況下で飲んだかということに左右されることが多い。

誰とどこで飲むかとか、何をしながら飲むかといった雰囲気作りが大事だ。

気の知れた仲間と外でバーベキューをしながら飲むとか、テラスで夕日を眺めながら飲むとかすると普通のビールや酎ハイも美味く感じる。

また一人酒であっても、最近は酒場めぐりのような番組が増えていて、そういうのを見ながら飲むと良い雰囲気を味わえる。

実はこういったお酒そのもの以外の工夫は改善の余地が大いにある。

 

二つ目は至極当然のこととして、お酒の質であったり、おつまみの食べ合わせであったりが問われる。自分の場合近所で市販されている安酒はあらかた飲みつくしていることで、ちょっと飽きているのかもしれない。

缶チューハイの味をちょっと変えたところで、所詮酔うための物でしかないので大きな感動は無い。ワイン、ビール、ウイスキー、日本酒、焼酎、果実酒など低価格帯の物は大体どれも一緒で、似た様なローテーションが続く。

 

そして底辺だと酒の肴は節約気味になり、最低限のスナック菓子などで済ませることが多くなる

安酒と最低限の食品を、虚しい人生を舞台に口にしたところで満足感は得られない。

 

つまりこの良い酒に出会うという旅が人生なのであり、「酒探し」を今後自分の人生のモチベーションにしていきたいと考えている。

酒ぐらいしか楽しみが無いなら、酒に本気に成っても良い。

個人的な事情としてここ最近、あまり果実酒を飲めていない。理由は単純で、コップや氷を準備するのが億劫だとか、そもそも手頃な値段でそれほど飲めないという事情もある。

 

自家用でいろんな果物と漬けている人をたまに自分は見るのだが、ホワイトリカーとの組み合わせでいろんな果物を試してみるというのは今後自分の楽しみになるかもしれない。

ウイスキーはコンビニの景品で普段は飲まない価格帯のものを手に入れたときはとてもおいしかったので、ワインや日本酒、焼酎と並んで奥深い世界だ。

ただワインは拘り出すときりがない。

それこそ某GACKTのようにワインセラーを作ったり、最高級の肉と食べたりとあまりにもお金がかかり過ぎる。

そりゃ高級レストランで、美味い肉料理を食べながら極上のワインを飲み、理想の異性と夜景を見ながら過ごせば楽しいに決まっているのだが、それが簡単にできたら苦労はしない。

 

さすがにワインを極める路線は厳しそうなので、自分で果実酒を漬けるとか、全国の地酒やクラフトビールを取り寄せるくらいの趣味が現実的な範囲内の目標だ。

もしくは単純に、大衆居酒屋や安めのバーをもっと巡ってみるのは新鮮な感覚を得られるかもしれない。部屋で独り酒よりはマシなので趣味としては十分に面白いし、一つ目のシチュエーションという条件も満たせる。

自分は「北酒場」という言葉に憧れがあるので、北陸や北海道で拠点を移して、現地の人しか知らないような場所を開拓していくのはありかもしれない。

 

三つ目の条件はもっと基本的な事であり、例えばチェイサーをなるべく飲むとか、そもそも飲まない日を作るとか飲む量を増やしすぎないとか基本中の基本だ。

結局気分が悪くなるかどうかや、二日酔いになるかならないかというのは、血中アルコール濃度の調整で左右される。

二日酔いで終わるとどんな良いお酒も台無しだとつくづく感じる。

日本人やアジア人の体質として、あまりお酒には強くないわけでその限界を超えない範囲でなるべく巧く飲む。

面白い話で、芸人のドランクドラゴン鈴木が「閉めにレッドアイを飲むと翌日調子が良い」と語っているのをテレビで見たことがある。

レッドアイというのはビールとトマトジュースを組み合わせたカクテルで、「そんなお洒落な物を飲むのはキャラじゃないと思われる」みたいな笑い話にしていた。

 

その話はともかく、最後にこれを飲んだら自分の中で調子が良いという組み合わせを見つけるのはお酒を飲むうえで必要なテクニックだ。

良いお酒の飲み方をしている人は、そういうのを実際の体験で覚えて行くのだろうし、科学的に解説されている本などからも知識を得ることもできる。

人間というのは誰しも年を取るので、いつまでも勢いに任せて飲んでいくわけにはいかない。

現実に誰かから教わる機会があまりない人間は、間違った飲み方を続けてしまう。だからこそ経験を積んだり、勉強したりする機会を増やしていかなければならない。

そういうお酒の話を研究していくというのも、今後自分の楽しみになっていくかもしれない。

 

そしてこれらの三要素をどうトータルで組み合わせるかというのも大事になってくる。

同じお酒でも、普段飲まない場所や違うシチュエーションで飲めば不思議と新鮮に感じることがある。お酒は味や質だけでなく、体験として何を得るかという事も重要だ。

いつもと変わり映えの無い空間で、ただ酔うために最底辺の安酒を飲んでいるだけだと、二日酔いの後悔を除いて本当に何も残らない。

そういう工夫をなるべくして、変化をつける努力が必要となるし、それを極めるというのは立派な趣味の一つだ。

よく料理にそこまで興味はなかったのに、良いお酒を飲むために、おつまみの作り方を覚えたという人がいる。

釣りに行って手に入れた魚をあてにして飲めば、総合的な体験として面白い。もはや自分で干物を作るまでになったという例もあるし、別の趣味と組み合わせるパターンも存在する。そこから広がっていけば、人生に飽きている自分の感覚も変わるかもしれない。

 

とにかくただ現実から逃避して酔う為だけのお酒というのは、根本的に何も解決はしないし先行きが無い虚しさに迫られるだけだ。

良いお酒を飲みたいという最後に残されたモチベーションからどう人生を広げていくかという試みは面白い。

 

よくやたらコーヒーや紅茶にこだわっている人を見かけることがある。

飲むものについてこだわり極めるというのは実は十分趣味と言える世界だ。

珈琲のためにカフェめぐりをしてる人はいるだろうし、最近インスタ映えばかりが持てはやされる時代にあえて豆の質にこだわったお店がうけているという話も聞く。

お酒の世界も焼酎や日本酒は産地や蔵元にこだわっている人は多いし、自分もその領域を目指し見るのも面白いかもしれない。書店に行けばお酒の本は多いし、利き酒をしたりソムリエのような資格もある。

 

そういった味や質ガチ勢になるのも良いし、自分の好みの雰囲気に合う居酒屋を見つけて常連客と仲良くなるという方向も楽しめる。作るのが好きなタイプなら果実酒を漬けたり、オリジナルカクテルを考案するという事も可能だ。

そろそろ最低限の安酒を飲むだけの生活もやりつくした感があるというか飽きが来ているのだろう。

とにかくどうせお酒以外に楽しみが無いのならば、お酒方面で新しい楽しみを見つけようと思う。

酒のほそ道 宗達に飲ませたい焼酎100選[ ラズウェル細木 ]

価格:540円
(2018/8/30 17:39時点)

もう充実感とかいらないから楽に生きたいと考え

人は何のために生きているのかと考えれば考えるほど虚しくなる。

これまでの自分は手に入りもしない充実感や昂揚感を無駄に追い求めてきた。

ただいつの間にかそこにはたどり着けないことに気付き、心身ともに疲弊し上手く行かない現実に苛まれてきたのだろう。

 

いろんなことが面倒に感じる、例えば虚無感を満たしたり昂揚感を得るために飲むお酒だってよくよく考えれば、飲むまでも飲んでいる時も飲んだ後もやることが多い。

特に今日だって飲み過ぎた後は二日酔いが大変で、そこまでして昂揚感を得ようとして何になるんだろうなと馬鹿みたいになった。

 

もう人生の充実感とかいらないし、どうせ手に入らないんだし、もういらないかなと思うとすっきりする。無様に横になっている時、一瞬もう孤独は嫌だから誰か一人に愛されたいという考えがよぎった。

ただその後少し寝て、また目が覚めたら、いやもう充実感とか充足感とかそういうことを求める心理自体が無駄だなというか徒労だなと気づいた。

恋愛にしても結婚にしても、みんな理想は手に入らないで昨今は諦めている人の方が多い。

一時の幸福感のためにやることが多すぎるし、いつ消えるかもわからない。

実際婚活して現実悟って諦めの境地に辿り着いたみたいな人な人は増えてるし、もう孤独でもいいし、夢もかなわなくていいし、諸々どうでもいいから楽になりたいという考えになったほうがすっきりする。

 

自分の行いが誰かに認められる事を目指すとか、何かで1位になるとか、何かの能力を高めるとか、他人との比較や競争も現代の疲労感の一因なのではないか。

もっと言えば世の中が明るい方向に向かって行ってほしいとか、希望にあふれる時代になってほしいとかそういうのはもっとどうにもならないだろう。

世界を変えるとか思ったところで、世の中が自分の理想通りに変わるなんてことは無い。

 

じゃあ現実を諦めてネットを面白い理想空間にしようというのが昔の考えだったけど、これも実際にはかつてのネット民が思い描いていたほどのユートピアにはならなかった。

そのために自分もいろいろネットで活動をしてきたけど、正直自分を見ている人はもうROM専ユーザーと無課金ユーザーばかりで、これ以上いい方向に向かっていく気もしなくなってきたし、この状態が続きそうなら全般的に活動を縮小傾向にしていこうかなと考え始めている。

なんというか本当に楽しんでみてくれてるのかなぁと不安になるというか・・・

ネットで何かをしても楽しいという実感が最近は少なくなってきたし、人生全てにおいて夢見たところで無駄だよなぁということが増えてきた。

自分に限らず昨今SNS疲れをする人も増えてきてるし、ユーチューバーとか目指したところでもう今後はセミプロ基準が求められるようになっていく。現実どころかネットですら夢に溢れていた時代は終わろうとしている。

 

日本経済だってGDP3位で中国に追い抜かれたとかいったところで、もう落ちていくのは避けられないのだから、むしろ30位ぐらいでいいやという考えになったほうが楽だ。

日本に限ったことではないけども、学校教育の段階から、通学、授業、宿題、人間関係、部活、下校、受験、学校行事などと、忙しいことを疑問に思わない人間に改造させられていく。

大学に関しては日本の方が諸外国の大学に比べ、卒業が用意で遊ぶ時間が多い傾向にはあるけど逆に卒業して、社会に入っていけばこれまた一気に忙しくなる。

 

こんな忙しい生活を何十年続けた先に何が待っているというのだろうか。

忙しい事やハードなことを苦に思わない人向けに社会は作られている。

アスリートやアーティストのように自分の好きなことを実現できて、それで忙しいならば充実感に満ちた人生になる確率は高いが、一般の人間となるとそうはいかない。

 

それこそ今後AIに人間のやることを代替させて、人間はなるべくやることを減らすという方向に向かったほうがいいのではないか。その社会の実現のためには充実してバリバリ生きていく事よりも、楽に気ままに過ごすことがいいというタイプの人間が増えたほうが良いような気もする。

手に入りもしない充足感を一般の人間が無理して目指すよりは、楽に生きたいという本音をもっと大事にしてもいいのではないだろうか。

 

充実しているように見える人生も実はやってみれば本当にハードスケジュールで大変だということが多い。必要最低限のものだけは手軽にそろって、何もしなくても良い世の中の方が、不安は感じなくて済むしかえって充足感も得やすくなるように思う。

 

無理に充足感も昂揚感燃える必要はないんだからお酒は飲まなくてもいいと考えたり、幸せになる必要はないんだから婚活に翻弄されることも無いと諦めたりしたほうが、むしろ幸せなのではないか。

何もしなくていいというのは特別な楽しみがあるわけではない。

ただし楽ではあるしそれがむしろ幸福なのではないか。

「これでいいのだ」ではないけど、世の中無理に追い求める必要もない物の方が多いし、自己実現は誰だってできる物じゃない。そもそも現代人は理想の自分を求める傾向が強すぎたのかもしれない。

近代以前は個人という概念は今よりも希薄だったが、それで不幸だったかと言えばそうでもない。

根拠なき不安や、何かもわからず満たされない思い、それらはきっとこれからも続いていくだろう。

充実した人生を求めるという答えのない旅の果てに理想郷はまってはいない。

大きな幸せというよりも、一つだけ好きな街を見つけられて、一冊だけ好きな本を見つけられて、余生を静かに暮らせればそれでいい人生だったじゃないかみたいな生き方の方が本当の幸せなのかもしれない。

人生のワクワクする楽しみが年々少なくなっていく感覚

この先続いていく人生に希望を持って生きていくにはやはり何らかの楽しみが必要だ。

人生に意味は必要ないとしても、楽しみが無ければ張り合いがない。

 

別に個人の小さな人生に大層な意味なんて必要なくて、楽しければ良いのだが、その楽しみが年々少なくなってくる。

ここ最近の自分はとにかく何らかの楽しみを探そうとしているのだが、人生は上向くどころかむしろつまらなくなってきている気がしてならない。

 

なんというか長いよなぁ人生ってという果てしなさに駆られる。

今でさえつまらないのに人生100年時代をこれから、おまけに衰退していく世の中でどう楽しんでいけばよいのだろうかと考えると途方もない。

先に何も楽しみが待っていないような感覚に陥ると、急に人生は虚しく感じる。

自分の人生に限度も見えてきたというかある程度現実を悟り、夢も情熱も感じなくなっていく。

希望通りの人生にはならなくて、これから現実の社会を生きていかないといけない感覚はどうしようもなく虚しい。

いつまでも好きな事ばかりしていられないというか、大人になっていかないといけないんだろうなという現実がそこにはある。

もうそろそろ現実を生きる大人になることを目指して、惰性で生きていくだけの人生が続くのかと思うと、楽しかった時代の終わりが悲しくなる。

 

例えば世の中にある娯楽やコンテンツは徐々に面白くなくなっていくというか、自分が楽しめない側の人間になっていくことが増えた。発売が楽しみなゲームやプラモデルも少なくなり、新作が楽しみなアニメや漫画なども減っていく。

コンテンツがつまらなくなっていくというよりも、現実社会を忙しく生きるうちにそんなことしてられなくなって、終いには興味もなくなっていくというのがそのメカニズムかもしれない。

 

10代の頃の自分と違うのは「毎週楽しみにしているアニメ」がなくなったことだろうか。正直今リアルタイムで追いかけているアニメは無く、かといって今更過去作を見る気にもなれない。

自分好みのアニメは作られなくなるし、そもそもバーチャルユーチューバーの時代になって来ているし、テレビ番組もまさにユーチューバーの時代にシフトしている。

従来型の文化が徐々に変化していき、次の文化が育て行く事自体は歴史の流れで繰り返されてきたことだが、それが必ずしも面白い方向に向かうとは限らない。

 

じゃあ代わりに現代のネット文化が面白くなってきているかと言えば、そうではないように思う。自分が好きだったころのネットの雰囲気と今は違うし、それを変えようとしたところでもう抗えない時代の流れがある。

20世紀型の文化が残りつつも、ネットが少しずつ普及して来る00年代の文化からもはやネットがリアルに逆転するテン年代の文化になった。

その00年代の文化もバブル崩壊以降華やかな文化は徐々に下火になっていく。

80年代の雑誌文化がなくなったとか大型テレビ番組が少なくなっていくとか、失われた20年で景気が低迷して派手な車やバイクに憧れる時代でもなくなったとか、日本人は海外旅行や留学に行かなくなったとか、そういうことを上げればキリが無い。

 

その時代までは遡らなくとも、ネットはフラッシュ動画や2ちゃんねるの時代から、まとめサイトやニコニコ動画の時代になり、そしてもうユーチューブの時代になったなと感じる。

現実とは違うバーチャル空間であると錯覚できた時代のネットと違い、もう今はいろんなことがリアルの現実前提となっている。

ネットにしか居場所が無い人こそ、現実への反発で新しいことをやる人が多かった時代から、むしろ現実における信頼度や信用のほうが大事な時代だ。

 

アニメも「制作側が露骨にネットのネタを意識したものは寒い」と言われていた時代から、もはやバーチャルユーチューバーのようにネットで直接やる物が受けるようになった。

便利ではあるがもう完全にネット前提の社会になったし、ネットも現実前提になった。

ネットが学校には見つからない秘密基地のような遊び場だった時代は終わったのだろう。秘密基地作りなんて馬鹿なことしてないで、現実の学校生活を生きていかないといけないことに気付いていく。

 

実際秘密基地を題材にしたゲームの設定が最近の子供たちの事情と違うので、通信アプリで指定した場所に集合するという物語になったいう話もある。

子供は学校のLINEグループで、大人は会社のグループに縛られる世の中だ。

 

ワクワクしなくなったという意味では、ネットが対抗していたテレビもいざオワコンになると物寂しい気がしてくる。

現代人のライフスタイルが多様化してテレビというメディアも時代に合わなくなっているのだろう。実際一時テレビを再評価していた自分も、ここ最近やはり見るのが面倒だしそもそも面白い番組もないなという感覚になっている。

それは戦前、新聞や雑誌が国民的なメディアとして共通項だった時代が終わったのと同じで、テレビも役目を終えていくのだろう。

以前ほどオリコンランキングの権威がなくなって、歌番組が流行を作り出すという文化やそれを見るという習慣も無くなった。

かろうじてミュージックステーションは日本全国で見られているという感覚はあるし、実際SNSでも話題にはなる。ただかつてのような豪華さは薄れてきているし、似た様な話で言えばお笑い番組も少なくなってきている。

 

現代のネットに適応できるものだけが生き残るという意味ではゲームもテレビも、そしてネットそのものも同じだ。ソシャゲやDLCに適応できなかったタイトルは続編が作られず終了していくし、テレビもSNSでの参加を重視する番組が増えた。

 

もちろんネットの普及や現実との連動が全て悪いというわけではなく、ネットのおかげで人気が下火だった業界や競技が活気づいたというケースも存在する。

これも二種類あって例えば将棋のようにエンタメ方面に楽しみ方をシフトした場合と、対戦ゲームやTCGのように競技性に重きを置いた場合がある。

 

あくまで自分の意見ではあるが、ネットの攻略情報で競技性を加速させたゲームはことごとく面白くなくなっているように思う。ポケモンや遊戯王のように地方ローカルで盛り上がっていた時代の方が、ガチでやること前提でもう子供が参入できなかったり、攻略情報調べること前提のストーリーになったりしているよりは楽しかったはずだ。

 

そういった競争型コンテンツは結局トップ層についていけないで離脱する人や、対戦に疲れる人、そして参入障壁が高いと忌避する層が続出して、最終的には一部の人しかやっていない閉鎖型コンテンツになってしまう。

 

また人間の性質として自分がかつて経験するものにしか興味が無いというのもあるのではないか。ゲームでいえば自分が子供の頃にやったタイトルを大人になっても続けてるだけのことが多いし、アニメも自分が見ていた頃の作風の方が好きだという人が多い。

 

味覚と一緒でいろんなものに対する好みも幼少期に確立された物が、三つ子の魂百までという言葉のように変わらないのだろう。

だからこそ新しい趣味の発見というよりも、自分がかつて好きだった感覚を取り戻すという方向で行く方が良いと自分は考えている。

 

これからの時代に期待するというよりも、自分が好きだったものをもう一度見つける方が面白い。

無理にユーチューバー見るより古い番組を見たほうが面白いみたいな話で、もう今のゲームに期待するよりレトロゲーをやった方が良いだろうし、特撮でも見て昔のおもちゃをリサイクルショップやオークションサイトで探し回ったほうが楽しいのではないか。

実際古い時代、とはいっても2,30年前ぐらいの本の方が面白かったりするし、歴史などのように今は無い時代の物の方が想像する楽しみがあったりする。

それらに影響を受けて今の時代にリメイクするような形で、自分好みのものを作るという手法も存在する。

 

事実、TCGなどでも古い時代のカードを買い集めて当時のルールでデッキを再現するというのがかなり流行るようになっているようだ。最先端の環境について行こうとするとどうしても高額になるし、復帰したところで特に対戦するわけでもない場合や、民度の低いプレイヤーばかりだとなると現役勢であることに魅力は無くなる。

 

もういろんなものが上向いていかない時代に、未来に期待するのは無駄に思えてくるのも事実だ。確か新たに拡大していくジャンルも無いわけではないが、感覚的についていけないこともある。例えばスマホが普及したからと言っても完全に普及しているわけではなく、ネットを見ないで過ごす人は意外と多い。

 

またあらゆるジャンルに共通しているが、流行という物は繰り返される。

リバイバルブームだとか、かつての年代のモードファッションだとか言われるように終わったように見える物も、またどこかで戻ってくるかもしれない。

そもそも最先端の流行というのはそれまでになかったものを無理やり探し出しているだけで、本質的にはそこまで面白くないことも多い。

結局ベストセラーの食品がいつまでも美味いという意味では、多分これからもコカコーラやチーズバーガーは変わらない。

 

人間はこれまで知ってる範囲内のもので十分と言われれば寂しく感じるが、別に探したところで何か新しい物があるわけでもない。あったとしてもそこまで面白いわけではないし普及しなければ意味がない。

新しい技術や新素材が開発されたところで、市場の原理でそれが普及しないなんて現象は世の中に溢れている。

 

「新しい物はそう簡単に出てこないので、これまで好きだったものへの情熱を失わず、どれだけ楽しみを持続させられるかが大事」

脈絡のない話だったけどもまとめるとそんな感じだろうか。

お酒を飲むと向上心が無くなり、意識が低くなる

人生に希望が無くなりやる気が削がれていくことによって、その虚無感、敗北感、挫折感を紛らわすようにお酒の量が増えていく。

また世の中でこれから生きていくことの途方も無さや面倒さを感じると、現実から逃れたくなる。

 

ハツラツとした希望を探そうとしても特にこれから人生で楽しみなことがそう簡単に見つかるかと言えば、なかなかそうはいかない。

 

そういった考えに行き着いてしまう程、お酒というものは人間から向上心を奪っていく。もちろん飲み方にもよるが、いわゆるアルコール依存症のような形でだらだらと飲んでいるとつくづく無駄な行為をしているなと思い、ただ疲れるだけでしかないと気付く。

 

さまざまなモチベーションが低下して、かつてあったような情熱も失われどうでもいいと言う感情に支配される。

一体何をしているのかという自己嫌悪感と共に気分の悪い時間帯が過ぎ去るのを待つ。本日はもうそろそろ潮時だとして早いところ、お酒は辞めている。

 

ただ同時に虚しさも押し寄せる。

確かに禁酒や断酒をしていると向上心が戻ってこないことも無いのだが、現実に向上心を持ったところで自分のやる事と言えばたかが知れている。

 

つまりお酒を飲もうが、飲まないでいようがたかが一人の人生に変化もないというか、まだ即自的な楽しみがある分、お酒を飲んでいる方が充実感を一瞬だけは得られる。

 

まだダイエットや筋トレなどの打ち込んでいる人を見れば充実感があるように見えるが、お酒を辞めたところで大して喜びも無いのが現実だ。

お酒を辞めて人生を前向きに生きていくといったところで、充実した幸せな人生があるわけでもない。

逆に言えばこれまで楽しみにしていたものが楽しめなくなったというのもお酒のせいなのかもしれないが、いずれにせよ同じく虚しい人生だけな今と変わらない。

 

自分の場合肥満ではないが、例えば筋トレと並行して禁酒を始めるという案もある。また読書や語学、創作に以前のように集中するということもできるかもしれないが、どうしても変化には時間が必要だ。

もちろん現実の人生を生きていかなければならないので、何かしらの努力は必要だが、その果てしなさであったり、限界が見えている感のようなものが虚無感を誘う。

また再スタートを切っていくだけのモチベーションや励みもないというか、ある程度現実を悟ってしまった感覚が押し寄せる。

 

人生など仕方ないから惰性で生きている人は世の中に溢れているし、湧き上がるような希望を持っている人の方が少ないだろう。

人生には手に入らない物の方が多いし、徐々に人は現実を諦めていく。

そんな時に即自的に一瞬だけでも幸福感を得られて、物足りなさが紛らわされるアルコールという快楽物質は心の隙間に入り込んでくる。

 

確かにそんな酒類に依存すれば向上心は低下するが、同時に向上心をこれから持ったところで何をするのかという途方も無さもある。

 

お酒を飲んでいない時のメリットを何とか探すのであれば頭が不快感に襲われない事や、後に陰鬱な気分になることが無い事、そして翌日起きやすい事と、浪費は避けられること。そして失っていたはずの楽しみを再発見する可能性が少なからずあるという事だろうか。

 

ただ少しの間辞めたところで、そもそも向上心や希望、期待感を持ったところで人生は無駄だという事を悟ったからお酒の深みにはまっているのだから、その時代に逆戻りしたところで特にやることも無い現実はある。

 

お酒の充実感は一時的と言えども強力であるがゆえに、代替品もまた見つからない。例えば風俗、ギャンブル、タバコなどに行ったところでやってることはそこまで変わらない。そうは言え、大体世の中そのくらいしか楽しみが無い人も多く、幸せじゃない人の方が多いくらいだ。

 

人生なんてそんなものよというか、特に意味は無い。

だからこそそれが虚しいし、今日は飲めるんだという日は何か変わり映えの無い日常の中に幸福があるようで嬉しい。

現実の範囲内で生きなければならないとするならば、その現実の中でそこそこ手に入りやすいのがお酒でもある。

それ以外の幸せはあまりにも遠すぎるがゆえに、近場にある物で満足する、それがまさしく意識の低い生き方だ。

 

お酒によって新鮮な感覚が鈍化しているのかもしれないし、鈍化しているから酒でしか効かなくなっているのかもしれない。いずれにせよ自分の中でこれからの現実を生きていくだけの希望や期待感、人生の楽しみというものが日に日に減りつつある。

ついにはお酒ですら無駄に思える日があるし、ただ疲れるだけだと虚しくなる時も増えた。

この虚無感を乗り越えるだけの精神的な強さと、その後を生きていくだけの希望や楽しみをどう見つけていくか。

ただ同時に惰性で同じことを続けていたいという甘えもあるし、こんなことを考えるのは酔いも冷めてきたときだ。

世間的には希望とされている物も、自分に縁がない物や手に入らない物であれば意味がない。逆に言えばそこに辿り着くための向上心をお酒が奪っているとも言えるという堂々巡りだ。

 

お酒はくだらない、ただギャンブルなどと同じでくだらないとわかっててやるのだろうし、そもそも世の中くだらない事の方が多い。

良い物だと思うから未練があるわけで、実にくだらないと思えば他の事も見つけやすくなる。ただそれが見つからないというのを何度も繰り返すのが人間の闇なのだろう。

ダイエットのリバウンドのような物で、禁酒するとそのぶり返しが来る。

こうして頭を整理してみるとお酒を飲むという事は心底くだらないと分かるが、逆にこれからの人生を冷静に考えるとそちらもまた虚しい。

お酒を辞めることもすぐにはないが、同時に小さな向上心を大切にもする。

そして時間をかけても希望を見つけや楽しみを増やしていく。